正社員フリーター × 複業のBLOG

出世を目指すのとは違う、自由に働く努力 それが正社員フリーター × 複業(副業)

拙著『積極的副業人材』 http://amazon.co.jp/dp/B08BNJP42X/ 出世を目指すのとは違う、自由に働く努力。それが正社員フリーター × 複業。誰でも、もっともっと自由に働ける。外資 × バックオフィスで自由な正社員を20代から実践。40代後半になって、働き方、転職、複業(副業)のアウトプットを始めたこの頃。働き方の流行には注意喚起もする。 Twitter @ISehaooooo

キャリア

暇なのに余裕がない大人が多すぎるので忙しいけれども余裕のある大人になることにした

中年男性を指す「おじさん」が変化をすると、ご存知「オッサン」で、おじさんを軽視した意味合いを込めて用いられる。 「おばさん」はどう変化すると軽視した意味合いが込められるのだろうか? 「オバッサン」になるのか? それはさておき、暇なのに余裕がな…

転職がある働き方だけで日本では勝てる!

多重転職者を大いに勇気づける番組があった。 NHKスペシャル“中流危機”を越えて 「第1回 企業依存を抜け出せるか」(初回放送日: 2022年9月18日) だ。 日本人は理想の働き方として、自分の仕事人生どころか自分の人生丸ごとや、家族の将来すらも企業にお任せ…

20代に成長できなかった40代よ!

就職氷河期の煽りを喰って、20代に就職活動を失敗した40代を観察してしばしば思う。 20代に社会人としての成長の機会を逸した人は、40代になってもそのツケに苦しんでいると思うのだ。 幼さ、甘さ、だらしなさ、恨みや辛み、僻みが全身から溢れてい…

会社はいつでも辞められる辞められない自分が問題

会社はいつでも辞められる。 「軽いな」と、1社目の社長に退職届を提出したときに嫌味を言われたが、退職に軽いも重いもないのである。 軽くなかったら、今ごろ私は低所得者層で喘いでいただろう。 「また転職するの?」とジョブ・ホッパーと蔑む人には分か…

日曜日の午後に転職を考えてみる

転職慣れをしている人は、現時点で転職を全く考えていなくても、「いいところがあれば」のスタンスで転職エージェントから定期的に情報収集をしている。 転職慣れしていない人には、これがなかなかできない。 現社よりも「いいところ」がこの世の中には数多あ…

転職者の邪魔をする懲りない面々⑤~謙虚さが足らない!

(④からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するの…

転職者の邪魔をする懲りない面々④~PC壊れて資料がないです

(③からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するの…

転職者の邪魔をする懲りない面々③~教えるのは嫌だね!

(②からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するの…

転職者の邪魔をする懲りない面々②~おっと君とは乾杯しない

(①からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するので…

転職者の邪魔をする懲りない面々①

私は多重転職経験者者なので、転職先の新しい職場環境に適応することは慣れているほうだと思う。転職先では新参者の邪魔をする懲りない面々がいるのがいつも面白い。全員が諸手を上げて歓迎とはならない。SNSでよく書かれているのは、転職できない人が転職を…

そんなの常識だ!の嘘

20代や30代の頃に「そんなの常識だ!」とウソばっかり教えてくれた社会人の先輩たちは、今ごろどうしているのだろうか。 無事に勤め上げて老後を迎えられたのか、それとも既に安らかな眠りについていらっしゃるのだろうか。 自分が50代になって、そのように想…

祝ブログ4周年に寄せて~ゆく河の流れは絶えずして しかももとの水にあらず

正社員フリーター × 複業のBLOGも4周年を迎えることができました。転職先では4年もじっとせずに、また次の転職先に走ってしまう我が身としては、よく丸4年間も続けてきたものだと思っております。 記事の数は250を超えましたので、飽きもせず6日に1…

コロナ禍の始まりからロシアのウクライナ侵攻までが中高年の転職パラダイスだったのではなかろうか?

コロナ禍の始まりからロシアのウクライナ侵攻までが、40歳以上の転職には良いタイミングだったのではなかろうか? つまり、2020年3月ごろから今年2022年2月ごろまでの約2年の期間だ。 私自身が2020年10月に50歳の転職を決めたのだが、…

何度しくじってもチャンスを与えられるのが人生だ

50代に突入するとオフィスで定年後の話ばかりをしている人がいる。 若いころはそんな50代の話を聞いていると、あくびしか出てこなかった。 定年後の話をしているオッサン達は、自分たちが職場のモチベーションを低下させていることに全く気がついていない。 …

死ぬまで働かされる社会かどうか分からんが死ぬまで働いていたいほうなのだ

20代は地べたを這いつくばって生きてきた。 30代になってようやく喰っていけるようになった。 40代になったら遊べるようになった。 そして50代になって余裕ができてきた。 新入社員時代より、今のほうがずっといい。 昔の自分に戻りたいなんて絶対思わない。…

底辺の会社から脱出した

学生向けの就職活動情報サイト、「就活の教科書」が掲載した底辺の仕事ランキングが批判されているけれども、底辺の会社(自称ベンチャー)から私は社会人を始めた。 当時24歳の私は、正社員の身分で社会に出ることが目標だったので、底辺の仕事環境にいる自…

人を馬鹿にするより人から馬鹿にされてきた人間なので成長できたし人を待たせるより人を待っている時間のほうが長い人生なので人から信頼をされてきた

人を馬鹿にするより人から馬鹿にされてきた人間なので、成長をすることができた。 人を待たせるより人を待っている時間のほうが長い人生なので、人から信頼をされてきた。 50歳を超えてなお、人に馬鹿にされたいし、人を待っていたいのだ。 無駄なプライドの…

部下の支持率だけで支えられている上司

40歳のときに率いたチームはうまくいかなかったけれども、50歳から率いたチームは賞賛されている。 40歳のころの私を知る人間には、仕事での評判が芳しくない男なのだ。 まあ、その悪い評判の半分ぐらいは、私のことを気に入らなかった当時の日本法人の社長…

転職者という“よそ者”が受ける洗礼といっても所詮はサラリーマンのお遊戯的な反抗なので命にかかわる真剣勝負とはならないのだ

部下のマネジメント能力があることは、30代半ばからの転職の武器となる。 30代からの私の転職は、問題のあったマネージャーの後任としての転職が4回もあった。 あえて火中の栗を拾う転職とカッコつければ聞こえがいい。 実際は、転職先のオフィスに渦巻…

20代、30代、40代、50代でも制覇は武豊さんのダービーと私の転職

競馬界のスーパースター、武豊騎手は私の1歳年上だ。 私が高校生の時から既に大活躍していた。 私の競馬歴は、ほぼ武豊さんが騎手として競馬場にいる歴史なのだ。気がつけば、 私の競馬観戦歴はもうすぐ40年を迎えようとしている。 その武豊さんが、20代、30…

40歳からの転職者を悩ますもの

40歳からの転職者が抱えるモヤモヤ感というものは何であろうか。 「私はもう一花咲かせるぞ!」みたいな気合の素振りをしている人ならな微笑ましい。 こんな御人に「どんな花を前職では咲かせてきたのですか?」と訊ねるのはヤボだ。 他人から見てどうでもい…

出世の先にあるフィニッシュは気持ちイイものか?

10年ぐらい前に出版された『出世の教科書』という本に、「出世はいいものだ」と書かれていたが、出世欲が強い人が出世をすれば、そりゃいいもんでしょということになる。 「出世はいいものだと」と当人が大満足したところで、その人の出世に周りが大迷惑なら…

貧しい副業

#副業紹介がTwitterでよく眼に飛び込んでくるが、本業でプロ人材は、自分の力で副業(複業)ができる環境が整備されてきたので、副業そのものが新たな格差の係数となってしまったようだ。 “初心者でも実践可能なゆるい副業を紹介しています” “誰でも実践可能…

昔話と自慢話は死ぬ1時間ぐらい前から始めて自分に説教しながら旅立て

昔話と自慢話と説教は、歳を重ねててからやってはいけないことなのだけれども、これが“やめられない、とまらない”中高年はある種の病いに冒されている。 さらに、微妙な謙虚さを醸し出して「最後のご奉公」とカッコつけて出しゃばるおっさんおばさんもいるが…

年収査定をすると市場より100万円安く働かされていると嘆いたり攻撃的になる人物ほど転職をしないものだ

30代後半から40代前半の年収800万円クラスの人材の面接をすると、本人の希望年収が現職より100万円アップの900万円台となっている場合をちょくちょく見かける。 実際に面接をしてみると、700万円台なら雇ってもいいかなと感じる人材が多い。 業界や職種によ…

全部他人のせいさ

知床観光船事故の運航会社社長の記者会見は、「天気予報のせい、船長のせい、客のせい」とTwitterで投稿されて非難されている。 しかし普通のサラリーマンでも、天気、部下や上司や同僚、そして顧客が、その日の気分や仕事の出来栄えに左右されているではな…

恐怖がキャリアを前進させてくれた

「会社を辞めたい」とか「もう辞めた」とか、4月入社の新卒がTwitterでこう呟くのはこの時期の恒例行事となっている。 筆者自身を振り返ってみると、当時は氷河期の始まりだったので、“正社員”の身分で社会に出ることだけを考えていた。 設立が3年ちょっとの…

上司はサボってはいけない

部下のマネジメントに関する出版物は星の数ほどもあるし、TwitterやLinkedInにも砂粒の数ほども呟かれ、書き込まれている。 部下をたいしてマネジメントした経験がない人でも、気軽に持論を展開できるところがソーシャルのいいところなのだろうけれど。 マネ…

「私が若い頃そうだったからあなた達もそうしなさい」従ったら将来は低所得者

「私が若い頃そうだったからあなた達もそうしなさい。」 若いころ自分たちは苦労をした。 だから若いお前たちも苦労をしろ。 社会人の、いや人生の先輩ずらした大人たちは新人たちに迫ってくる。 よく彼ら彼女たちをよく観察して欲しい。 いらぬ苦労だけが身…

「リスクを取れ」と偉そうに他人は言うけど転職するリスクぐらいは取れないと人は僻みと妬みの塊になる

4月11日はJR中央線開業記念の日なのか。 中央線の思い出といえば、定年間近65歳の御人がバブル期に住宅を購入してしまい、新宿から中央線とその先までの直通電車で片道1時間半ぐらいの通勤時間を要していた。 その部下である40代は、バルブ崩壊後に住宅を購…