正社員フリーター × 複業のBLOG

出世を目指すのとは違う、自由に働く努力 それが正社員フリーター × 複業(副業)

拙著『積極的副業人材』 http://amazon.co.jp/dp/B08BNJP42X/ 出世を目指すのとは違う、自由に働く努力。それが正社員フリーター × 複業。誰でも、もっともっと自由に働ける。外資 × バックオフィスで自由な正社員を20代から実践。40代後半になって、働き方、転職、複業(副業)のアウトプットを始めたこの頃。働き方の流行には注意喚起もする。 Twitter @ISehaooooo

副業(複業)の今 雑感

久しぶりに副業(複業)のことを書いてみます。
ブームが一段落したので、すっかり賑やかでは無くなった「副業」の二文字です。
それでも、働く風景の一コマに副業はすっかり定着をしてきた感があります。
「社内副業制度」と、社内の別部署での業務に携われる仕組みに、わざわざ副業を飾る企業も出てきていることから、企業側にも副業の二文字だけは認知が広がっているようです。
但し、副業とはあくまでも個人主体で、個人の実力で社外でやるものですから、「社内副業制度」は副業の二文字を借りているだけで、本当の副業ではないですね。
副業は企業が口を出すものではないです。
まあ、言葉の定義は人それぞれだとは思いますが。
副業ブームの最終消費者は未就労の学生と私は予想していたのですが、企業側だったのかと気がつかせてくれた「社内副業制度」のネーミングです。
就職をする前から副業をやりたいと学生が言い出したら、その前に就職活動でしょって笑ってやるだけですが、働いている20代に副業を望む声が大きいのにはちょっと驚きです。
20代はプロになる為に本業に専念しないと、将来が危ういな、と考えています。
飲み代欲しさの副業は、プロの副業ではなく、単なるアルバイトでしかないです。
副業解禁・容認企業で働きたいという声がありますが、副業禁止なら黙ってやればいいだけのことです。
その前に本業でプロにならないと稼げません。
まず20代は、本業の大きなビルを建てることに専念することです。
その本業ビルに別の建物の影を映すことができるまで、とにかく頑張ることです。
投影された別の建物の影が副業(複業)となるのです。
本業と副業の関係はそのようなイメージなのです。

f:id:sehaooooo:20200830145746j:plain