正社員フリーター × 複業のBLOG

出世を目指すのとは違う、自由に働く努力 それが正社員フリーター × 複業(副業)

拙著『積極的副業人材』 http://amazon.co.jp/dp/B08BNJP42X/ 出世を目指すのとは違う、自由に働く努力。それが正社員フリーター × 複業。誰でも、もっともっと自由に働ける。外資 × バックオフィスで自由な正社員を20代から実践。40代後半になって、働き方、転職、複業(副業)のアウトプットを始めたこの頃。働き方の流行には注意喚起もする。 Twitter @ISehaooooo

「自由」と「自分らしく生きる」を混同してはいけない

「自由」と「自分らしく生きる」を混同してはいけない。
自由とは、”自分らしいこと”と、”自分らしくないこと”の両面を積み重ねて、自分で獲得していくものだ。

自由とは基本的に他人から与えらるものではない。
子供のように泣き叫んでも誰も貴方に自由を与えてはくれない。
例えば、新しい転職先の就業規則が前社の就業規則よりも自由だと分かって嬉しいのは、貴方が転職という決断をして自分で獲得したものだ。
他人から与えられた自由というものは、たまたま買った馬券が高額配当になってラッキーぐらいのものなのだ。
そして、自由を与えてくれる他人は自分より自由で余裕がある人なのだ。
その人たちは、きっと”上級国民”とSNSでは忌み嫌われている人たちなのだ。

獲得した自由というものは、他人から与えられた自由よりも倍増で自由を感じさせてくれる。
それは、もしかしたら一時の自由という幻想なのかもしれないが、自分らしく生きることなく獲得したものであっても、その自由という幻想には確かにその人の精神が宿るものだ。
その人の精神が宿ったところに、自分らしく生きた跡があるのだ。
自分らしく生きるとは、「自分らしく生きなさい」と他人から指図されるものではなく、自分らしく生きたという足跡を自分で後から噛み締めるものなのだ。

長谷川良品さんの良記事を拝読してそう思った次第だ。

「自分らしく生きなさい」という霊感商法|長谷川良品 

note.com

f:id:sehaooooo:20210415102233j:plain