正社員(複業)フリーターの Blog

出世を目指すのとは違う、自由に働く努力。それが正社員(複業)フリーランス。

出世を目指すのとは違う、自由に働く努力。それが正社員(複業)フリーター。誰でも、もっともっと自由に働ける。外資系企業を中心に、自由な正社員を20代から実践中。40代後半になって、働き方、転職、サラリーマン ✖ 副業(複業)のアウトプットを始めたこの頃。 Twitter @ISehaooooo

サラリーマンの副業の秘訣は黙ってやることだ!

おおよそのサラリーマン(サラリーウーマン)なら、時間に余裕はあると思う。
自分の時間を厳格に管理しなくても、会社員には時間がある。
より時間の工夫して、副業(あるいは複業)を始めるのもいいかもしれない。
ホワイト企業にお勤めなら、副業の環境はより整っているだろう。

まずは、何を副業とするのかと考えるだろう。
金銭目的を主眼に置くと、投資、投機、ギャンブル的なものを真っ先に考えてしまうのだろうか。
長期的で計画的な株式投資は別として、短期的な儲けに人の心は動いてしまいがちだ。
取得した株式が評価損を出し続け、長いこと塩漬けになっていても、副業をしていることになるのだろうか?
より投機的なものならば、特別な才能と会社員の余暇以上の労力がなければ、ずっと勝ち続けるのは難しいだろう。
また、フリマやヤフオクのような臨時収入や小遣い稼ぎの雑所得も、本業に対する副業と呼んでいいのか微妙だ。
いづれにしても、生活や遊びの為の金欲しさからの”取らぬ狸の皮算用”的な動機の副業は、根気よく長くは続かないだろう。

ただし、副業はそう難しく考える必要はないと思う。
好きな事に没頭、または、セミプロの腕試しのようなものでもいいと思う。
たとえば、貴方がたい焼きを焼くのが死ぬほど好きならば、退社後にたい焼き屋で働いてもいいだろう。
本業とは別の給与所得になるけれども、退社後に好きな事に没頭して、週5日毎日3時間も稼働すれば、月6万円程度のアルバイトになる。

本業に精を出している”堅気”のサラリーマンが副業をするのなら、その専門性を生かして事業所得を得たいものだ。
事業所得とは、お金を頂くのにその能力を有し、相当の労力を使って成果を出し、継続的な収入が見込め、他者から職業として認知されるものだ。
本業で培った専門性を社外で発揮して、その成果に対価を払ってくれる人や組織やいることは、たいへん素晴らしいことだと思う。
社会に出て、一生懸命に学び、実践し、キャリアを構築してきた賜物だろう。
ぶっちゃけ、真面目に働いても働かなくても、会社の給料は毎月決まった日に振り込まれる。
事業所得で得た収入は、ひと味違うものに感じられるかも知れない。

副業を他業種で試せるなら、自分の専門性に新たな発見や気づきを与えてくれるかもしれない。
2つ3つと専門領域の軸がある人は、一番弱いと考える領域を副業にして、ご自身の能力開発に利用してもよいと思う。
いづれにしても、副業は本業にいい影響を与えるものであるべきだ。
通常は本業の収入が副業よりも上だろうから、より本業で稼げるように、副業はサポートするものと捉えたい。
そのように考えると、副業は金銭的な動機が一番ではなくなるだろう。

先日18時ちょっと過ぎに、筆者にとっての複業の打ち合わせで中華居酒屋に寄った。
向かいの席で、30代前半から半ばぐらいのサラリーマン男性7名が、早くもほろ酔い気分で盛り上がっていた。
正直うるさいので、打ち合わせに集中できない。
人様の楽しみにケチをつけるつもりはないし、しばし彼らの話しを聴いていた。
「そういえば〇〇さん、また産休だって!2人目だよな。」
と、顔の赤い一人がやや声を大きくした。
残りの6人が次々に「いいなー!」「いいなー!」「いいなー!」と大合唱。
思わず、少し笑ってしまった。
あまり真剣に働いていない人達なのだろうし、後輩ならすぐに追い抜けそうだ。

もし筆者がこの7名と同じ会社の8人目として、この飲み会に参加していたら、自分がどう感じるか想像してみた。
彼らと同期の30代なら、全力でこの人達の中から抜け出そうと考えるだろう。
傷の舐め合いをしていたら、自分の職業人生の将来は暗いと恐ろしくなるだろう。
社会人経験10年以上なら、自分の専門領域もできているはずだ。
まだ明るい時間から酒を飲んでいる暇があるのなら、副業という手段で、自分の腕試しと能力開発という選択も悪くはない。
そのうちに7人から付き合いが悪い奴と言われるようになっても、気にしない。
たとえ会社が副業を容認していても、黙々と大人しく行動するのが無難だ。
会社の副業容認の甘言に乗り「私は副業してます」と公言したら、社内の嫉妬の渦に巻き込まれ面倒なだけだ。
サラリーマンの副業の秘訣は、黙ってやることだ。 

副業はブームのように新聞や雑誌に取り上げられているが、これはあまり書かれていない重要な一つの事だと思う。

f:id:sehaooooo:20190720234031j:plain