正社員フリーター × 複業のBLOG

出世を目指すのとは違う、自由に働く努力 それが正社員フリーター × 複業(副業)

拙著『積極的副業人材』 http://amazon.co.jp/dp/B08BNJP42X/ 出世を目指すのとは違う、自由に働く努力。それが正社員フリーター × 複業。誰でも、もっともっと自由に働ける。外資 × バックオフィスで自由な正社員を20代から実践。40代後半になって、働き方、転職、複業(副業)のアウトプットを始めたこの頃。働き方の流行には注意喚起もする。 Twitter @ISehaooooo

働き方

業務改善をできるようになって30歳までに作業者から脱出をしよう

作業者は30歳を超えると作業者のままだ。 作業者のままでは嫌だと、実行系より計画系に軸足を移して、現場から足を洗い、より高い収入を得ようとキャリアを考えて行動ができるのは20代までだ。 30歳を超えると作業に甘え、事件は会議室ではなく現場で…

ご意見番を社内で飼う時代

ひと昔に比べ、今は40代でも50代でも容易に転職できる時代となった。 自慢ではないが筆者自身も40代で4回転職をし、50歳になったことを契機に50代の転職を1回した。 40代後半から50代になっても転職できる人材は、社内の「ご意見番」の地位…

部下のために何をしてあげられるのか考える上司であれ!

部下のために何をしてあげられるのか考える上司であれ! そう純粋に思えるようになった。 昭和のように上司が鬼になったところで、時間だけを浪費させた平成の世を繰り返すだけだ。 以前、上司は鬼にならねばいけないとリキんで妄想している上司は今どきアホ…

昭和98年の2023年

2023年は昭和98年になるそうだ。 昭和の教えはちっとも捨て去ることができない御人には、令和5年よりも、平成35年よりも、昭和98年の元号で表したほうが分かりやすいのかもしれない。 90年代半ばの平成の世に社会人になって、昭和の世代から嘘…

出世したいかどうかは20代のうちに決めておいたほうが50代になって林真理子さんに甘ったれた質問をしなくて済む

出世の見込みがないから仕事にやる気が出ない。 そう甘ったれている40代50代は多いと感じる。 私自身が50代に突入したので余計にそう感じる。 このような輩はさっさと非正規雇用にしてしまい、20代30代のために風通しを良くしたほうがいい。 平成…

40代が転職先で成功する方法〜最初の1週間 

キャリア採用の40代が(40代にポテンシャル採用はないが)、新しい職場でうまく機能をしないことがある。 転職先では最初の100日がとても大切なのはご承知の通りなのだが、その100日を構成する最初の1週間も当然大切だ。 特に40代になってから初めての転職を…

転職をしたことがない人が追い詰められている

この世の中は甘い。なんだかんだ甘い世の中だから、みんな社会人ができている。これから社会人になる学生の皆さんは余計な心配ご無用です。甘い世の中なのに、転職者には厳しいのが不思議な社会です。多重転職者は後ろ指をいつも指されてきた。転職回数が多…

こんな人でも転職エージェントでキャリアアドバイザー

転職は、転職活動がショータイムではなく、入社してからがショータイムなのだが、そのショータイムを演出してくれるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーとかHRコンサルタントと呼ばれる人たちだ。 しかし、そのキャリアアドバイザーがこのような経…

森保ジャパン君の奇跡の転職!

森保ジャパン君が転職をすると、このような時系列になるのではないだろうか。 ・今の実力ではとても無理そうなハイスペック人材が集う企業の面接に挑戦 ➡ドイツ戦前半 ・なんと!なんと!オファーが出て歓喜乱舞 ➡ドイツ戦後半 ・入社最初の100日が非常に大…

私の事ちゃんと見てます?と言われても

「私の事ちゃんと見てます?」と言われても、この令和の世に昭和感丸出しの手書きでハンコが押してある履歴書を見ようとは正直あまり思わないのだ。 手書きにしたのはコスパの良い”自分らしさ”を強調したウケ狙いなのかも知れないが、そもそも”自分の代わり…

合同会社で分かったサラリーマンのアホさ加減

夏の夜に街灯にたくさんの虫が集まるように、サラリーマンは社名や肩書きに集まってくる。 とりわけ資本金が大きい株式会社の軒先の明かりは、サラリーマンにはとても魅力があるようだ。 その眩しいばかりの軒先で、世間一般に認知されている肩書きを得るこ…

40歳からの転職NGワード「この会社で長く働きたい」

就職活動からの新卒1社目がうまくいかず短期間で退職をし、第二新卒として初めての転職する場合、「この会社で長く働きたい」は立派な決意というか、転職理由にもなる。 面接でいい人材と認めることができたら、受け入れる側としても、「よーし、この会社で…

よーいドンの競争をして疲れた夜には皆既月食

昭和の価値観で生きてきた昭和入社組や、昭和入社組から教育されてきた平成入社組のオッサンは、皆で一斉スタートの「よーい、ドン!」競争が大好きだ。 小学校からの受験勉強を勝ち抜いて、有名大学名を履歴書に書くのがゴールだ。 なので、生涯教育の概念…

付加価値のないことに一生懸命だから日本人の生産性はちっとも上がらないしもちろん給料も上がらない

例えば、製品の外箱段ボールが少し凹んだだけで納入業社にやり直しを命じる製薬業界は、付加価値がないことに一生懸命だと言えるだろう。 製薬会社の物流倉庫の現場では、作業者が外箱段ボールに僅かな凹みや傷がないのか血眼になって探している。 中の製品…

仕事ができない人は仕事以外のことに夢中になるのだがそれが出世だと組織は喜劇からの悲劇となる

仕事ができない人は仕事以外のことに夢中になるものだ。 仕事以外のことが会社の外のこと、要は家族や趣味に夢中になるのなら問題はない。 仕事ができない人が会社に夢中になると、隣人の給料や人事話や噂話が関心ごとになり、社内を淀ませる。 そのくらいな…

40代現職800万円台の微妙

40代現職800万円台の人を面接すると、”微妙”なものを感じてしまうことがある。 年齢的に対して年収が“そこそこ”な感じが、微妙さを醸し出しているのだろうか。 40代の採用にポテンシャル採用はないので、プロ人材としてはその年収はちょっと安いような気にな…

人生変わらない前提の仕事人生それが終身雇用とてんちむの「なんなん」

人生変わらない前提の人生それが今の終身雇用なのだが、驚くべきことに多くの日本人がいまだに支持をしている。 昭和の時代なら、日本経済は右肩上がりだったので、自ら進んで一つの企業に己の身を委ねるのも悪いことではなかった。 日本経済の具合が悪くな…

「日本」というゲームが存在した

「日本」というゲームが存在した。 ルールはシンプルだ。 大学のランクなりの終身雇用がある企業に就職すること。 結婚して子供を持ち、家を構えること。 男は仕事、女は家庭と役割は決まっていた。 通勤時間の長さと、家のローンと、子供の教育が職場での話…

転職を促進するために『ジョブホッパー島耕作』の連載を!

”たかが”転職の促進に政府が企業に支援を要請するのか。 副業はもっと”たかが”副業だ。 転職をしないから日本人の給料は上がらないのだけれども、その事実を知っても転職を選択するのは少数派なのだろう。 なんで転職をしないかと考えると、日本人はリスクを…

暇なのに余裕がない大人が多すぎるので忙しいけれども余裕のある大人になることにした

中年男性を指す「おじさん」が変化をすると、ご存知「オッサン」で、おじさんを軽視した意味合いを込めて用いられる。 「おばさん」はどう変化すると軽視した意味合いが込められるのだろうか? 「オバッサン」になるのか? それはさておき、暇なのに余裕がな…

転職がある働き方だけで日本では勝てる!

多重転職者を大いに勇気づける番組があった。 NHKスペシャル“中流危機”を越えて 「第1回 企業依存を抜け出せるか」(初回放送日: 2022年9月18日) だ。 日本人は理想の働き方として、自分の仕事人生どころか自分の人生丸ごとや、家族の将来すらも企業にお任せ…

20代に成長できなかった40代よ!

就職氷河期の煽りを喰って、20代に就職活動を失敗した40代を観察してしばしば思う。 20代に社会人としての成長の機会を逸した人は、40代になってもそのツケに苦しんでいると思うのだ。 幼さ、甘さ、だらしなさ、恨みや辛み、僻みが全身から溢れてい…

会社はいつでも辞められる辞められない自分が問題

会社はいつでも辞められる。 「軽いな」と、1社目の社長に退職届を提出したときに嫌味を言われたが、退職に軽いも重いもないのである。 軽くなかったら、今ごろ私は低所得者層で喘いでいただろう。 「また転職するの?」とジョブ・ホッパーと蔑む人には分か…

日曜日の午後に転職を考えてみる

転職慣れをしている人は、現時点で転職を全く考えていなくても、「いいところがあれば」のスタンスで転職エージェントから定期的に情報収集をしている。 転職慣れしていない人には、これがなかなかできない。 現社よりも「いいところ」がこの世の中には数多あ…

転職者の邪魔をする懲りない面々⑤~謙虚さが足らない!

(④からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するの…

転職者の邪魔をする懲りない面々④~PC壊れて資料がないです

(③からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するの…

転職者の邪魔をする懲りない面々③~教えるのは嫌だね!

(②からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するの…

転職者の邪魔をする懲りない面々②~おっと君とは乾杯しない

(①からの続き) 部門の立て直しのため、ダメなマネージャーを追い出すために入社したことが4回。 ダメなおっさん担当者を追い出すために入社したのが2回。 素人のおじさんから引き継ぐために入社をしたことが1回。 問題があったマネージャーが退職するので…

転職者の邪魔をする懲りない面々①

私は多重転職経験者者なので、転職先の新しい職場環境に適応することは慣れているほうだと思う。転職先では新参者の邪魔をする懲りない面々がいるのがいつも面白い。全員が諸手を上げて歓迎とはならない。SNSでよく書かれているのは、転職できない人が転職を…

そんなの常識だ!の嘘

20代や30代の頃に「そんなの常識だ!」とウソばっかり教えてくれた社会人の先輩たちは、今ごろどうしているのだろうか。 無事に勤め上げて老後を迎えられたのか、それとも既に安らかな眠りについていらっしゃるのだろうか。 自分が50代になって、そのように想…